アートあいくる

  • Introduction

    オンラインゲーム、Webデザイン、坂本真綾、その他色々。

    スキルアップを目標にがんばって更新しております。
    アートあいくるのやる気は、皆様の応援コメントから少しずつ蓄積されていく仕様になっております。

  • About this

    誰かの役に立つ記事を書く。大好きなwebデザインを通して、考えをシェアする。
    そんな素敵ブログになりたいけど、実際難しい。

    アートも大好き。でもデザインとアートは全く違う。
    デザインはもっと好き。思いやりでできている。

    じゃあ何でアートあいくる ?
    それは語呂が良いからでした。

ブログを移転しました。新しいブログはこちらです。

スポンサーサイト

  • スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事

Comment

コメントしてあげよう !

ブログを移転しました。新しいブログはこちらです。

マビノギ英雄伝 装備アイテムの色(RGB値)を超簡単に調べる方法

  • マビノギ英雄伝
装備アイテムのRGB値を簡単に調べる方法があります。

染色アンプルを使っていなくても、装備アイテムの色を20秒以内に調べることができるので、ランダム染色での染め直し受付時間に間に合っちゃいます。染色好きな人は知っておいて損はないので、一緒にチャレンジしてみましょう!

RGB値を調べる方法とは?

簡単に説明すると、スクリーンショットを撮影し、画像編集ソフトなどで色を取得して調べるという工程になります。ただしこれだけで20秒以内にできるのかというと、ちょっと難しいですよね。

そもそもRGBって何?

RGB(またはRGBカラーモデル)は色の表現法の一種で、赤 (Red)、緑 (Green)、青 (Blue) の三つの原色を混ぜて幅広い色を再現する加法混色の一種である。RGBは三原色の頭文字である。

少し難しく書かれていますが、要するに赤と緑と青のことです。この3つの色は 原色 と呼ばれていて、3色の組み合わせや比率によって全ての色を表現することができます。

RGBモデルは3色全てに0~255までの値が設定されていて、値が高い程鮮やで明るい色になります。全ての値が0で 何も色を持たない場合は黒になる のがRGBモデルの特徴です。

RGB値を予想してみよう!

ちょっとしたクイズです。意外と楽しいので私は好きなんですが他人がどう思うのかはよくわかんないぞ…。

下に表示させた5つのボックスのRGB値を予想してみてください。マウスを乗せると答えがでてきます。自分の予想と答えが近かった人程、色彩感覚が優れていると言えるかもしれません。

また、実はこれらは COLORlovers というサイトから拾ってきた配色アイデアです。色を見てRGB値を当てる練習のついでに、配色について考えるのも面白いかなーということで、ちょっと紹介してみます。

まずはエレガントな配色デザインですね。高級感漂ってます!予想は当たってましたか?

個性的でインパクトがあります。派手な色や補色を入れることで印象強いです。

清潔感あるイメージが素敵です。割合的に白と明るい色を基調とします。

男性向けなクールな配色です。黒と合わせると更にそれっぽくなります。

秋を連想させるような落ち着いた配色です。美味しそうな感じが伝わってきます。

配色については本当に奥が深い分野なので、私もまだまだ勉強中なんですが、どんな色でも扱えるようになるとデザインの幅が広がるのは間違いないです。

配色を考慮せずに好きな色で統一したりすると、正直残念な感じになってしまいます…。好きな色を使いたいのなら、それを目立たせるような色を考えたり、配色に意味を持たせられるのが理想です。実際私はそれができないので、モノトーンに逃げてしまいます…。

RGB値や配色についてなんとなくわかっていただけたと思うので、実際に調べる方法の紹介です。

スクリーンショットの撮影

マビノギ英雄伝では、デフォルトで Print Screen キーを押すことでスクリーンショットを撮ることができ、撮影された画像は指定フォルダに保存されます。

しかしこの機能でキャプチャしたスクリーンショットは、保存形式が jpg になってしまうため画質が劣化しちゃいます…。それにより 色を正しく取得できなかったり、ノイズが発生する のです。これでは色を調べるには不適切ですよね。

というわけでキャプチャソフトをダウンロードしましょう。

WinShot を使ってみる

WinShot

私がオススメなのが WinShot というキャプチャソフトです。割と有名なので、すでに持っている人も多いかもしれません。

WinShot をインストールしたら、まずは設定を変更する必要があります。詳しい設定方法に関しては以下のサイトが参考になります。

今回で言えば 環境設定 を開いて、 ホット・キー外部アプリの2項目をいじるだけで最低限大丈夫です。

ホット・キー

ホット・キー設定

本題に戻りますが、装備アイテムのRGB値を調べることが目的なので、使うのは プレビュー表示(短形範囲指定) のみです。

ここで注意すべきなのが、ホット・キーを print Screen キーに割り当ててしまうと マビノギ英雄伝のスクリーンショットが優先されてしまい、機能しなくなる という点に加え、同様に ゲーム操作に割り当てているキーの指定もできない ことです。更には Windows のショートカットキーに割り当てると、今度はそっちが使えなくなります。

つまり、ホット・キーに割り当てても良さそうなのは

  • Ctrl + E
  • Ctrl + G
  • Ctrl + L
  • Ctrl + Q
  • Ctrl + P

だいたいこんな感じになっちゃいます。これ以外でも大丈夫そうなキーはありますが、今挙げたのが無難かなーと思います。あと片手で押せる方が使いやすいです。

外部アプリ

外部アプリ設定

一時保存形式を BMP にしないと、先程言った通り画質が劣化するので、必ず BMP にチェックを入れて下さい。

プレビュー機能を外部アプリに代替させる という項目にチェックを入れて、そこに外部アプリを指定します。ここには画像編集ソフトを入れればいいので、標準搭載のペイントなどで十分ですが、何かしら画像編集ソフトを持っているならばそれを指定しましょう。

追記: 実行ファイルの場所をそのままテキストボックスにコピペすると上手くいかない場合があるようなので、必ず[...]をクリックし、ファイルの選択画面からファイル名を指定して下さい。 "%1" の記述があれば大丈夫です。

最後に 外部アプリ実行時の画像は保存設定に従って保存する というチェックを外して下さい。ここにチェックを入れないことで画像を保存しなくなりますが、色を調べるだけなので保存する必要はありませんよね。これで画像管理の手間も省けます。

以上で設定は終了です。

実際にアイテムのRGB値を調べてみる

マビノギ英雄伝と、外部アプリで指定した画像編集ソフトを同時に起動します。英雄伝で色を調べたい装備にカーソルを合わせてアイテムの情報を開き、その状態で先程割り当てたホット・キーを押しましょう。

シャープシューターレザーアーマー

範囲指定ができるので、色情報部分を囲むように、マウスで始点と終点をクリックしてあげます。

そのまま待機していれば、勝手に画像編集ソフトに切り替わる(起動していなかった場合は起動する)ので、あとはスポイトツールなどで色の部分をクリックして色を調べます。

RGB値の取得

R:25 G:22 B:19 という結果になりました!もちろんアンプルを使った装備で既に何度も確認していますし、RGB値はちゃんと一致します。

余談ですが、染色アンプルを使った場合、RGB値は25~230の間でしか動きません。しかしランダム染色の場合はそれが適応されない場合があり、いわゆる限界突破ができちゃいます。といっても白や黒になるというより、凄く濃い茶色や、凄く明るい黄色、つまりRGB値の比率が異なるケースがほとんどで、確率も大分低いです。

最初は色情報部分が小さく、拡大しないと誤って別の色を取得してしまうこともありますが、慣れてしまえば20秒以内でできちゃうので是非やってみてくださいね!

まとめとして

最初配色の話に脱線しちゃいましたね…言いたかったから仕方ないってことで?色を調べるのがこのエントリのメインのハズだったのに…まぁいっか。いいよね。

変なところ丁寧で肝心なところ手抜きな気がしなくもないですね。精進せねば…。もし分かりにくいところや間違っているところなどありましたら(誤字脱字なども)お気軽に指摘してくれると幸いです。またネタ思い付いたら書きます。

スポンサーサイト

最新記事

Comment

コメントしてあげよう !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。